SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
のだめカンタービレ (16)
のだめカンタービレ (16) (JUGEMレビュー »)
二ノ宮 知子
これで、クラシック音楽の敷居が低くなったと思うな。
RECOMMEND
RECOMMEND
フーコーの振り子〈上〉
フーコーの振り子〈上〉 (JUGEMレビュー »)
ウンベルト エーコ, Umberto Eco, 藤村 昌昭
RECOMMEND
RECOMMEND
薔薇の名前〈上〉
薔薇の名前〈上〉 (JUGEMレビュー »)
ウンベルト エーコ, 河島 英昭, ウンベルト エーコ
RECOMMEND
建築探偵 東奔西走
建築探偵 東奔西走 (JUGEMレビュー »)
藤森 照信, 増田 彰久
街を歩いていて、古そうな建物だなあ…と思うことはあっても、それがいつごろのどういうスタイルの建物なのか調べることもしないで生きてきました。でもね、これを読んでいたら、建物って歴史でもあるけどたくさんの人生も関係してたんだなあ…としみじみしてしまいました。大変興味深い書です。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の中のきらめきと、これってこうだったらいいのにな。というものを書きます。

yue的…

裏庭向上計画
0
     もしかして、10年ぶりくらいではないでしょうか。
    庭の改修に取り組んでいます。

    我が家は、道路側の表の庭、母屋、裏庭、我が家という4層構造になっているので、表の庭(完全和風庭園)が庭師さんの管理でほぼ完璧な維持ができるのに比べ、裏庭(私たちの居間から見える空き地?!)は、年1〜2度の剪定以外なにもテを加えられていません。

    特にこの10年未満、介護やその他諸々のことで、雑草を取るだけでも精一杯。
    荒れ地?ここなに?状態。

    先日の庭師さんの手入れのときに、思い切って母屋との境にあった柊木犀の生け垣を切り倒していただきました。
    すると、母屋の洋間(ダイニング)のテラス戸から我が家の今のテラス戸まで、視野が開けなんだかいい感じなんですね。これはなんとかしなくては…

    ということで、時ならぬ「ガーデニングマイブーム」がやってきました。

    裏庭は、幅5メートル長さ23メートル。 東西に長く,西端は我が家のほとんど開かずの玄関前のアプローチ。東の端は、自転車が入る物置への入り口と駐車場とのアクセスが良いのでもっぱら日常家族全員が通り過ぎる勝手口。
    つまりその間の部分が庭という訳です。

    まず勝手口までの部分から、すべてが始まりました。

    これがbefore

    二階から見下ろすとこんな状態。

    花壇用のブロックを購入してひたすら水平を出す。
    道具は、ショベルとクワ。

    作業は,ここが日陰の午前中のみの作業。
    8時すぎから開始です。
    日焼け止めと虫除け、タオルをかぶって帽子を上から…
    突然来た宅急便のお兄さんにはいぶかしげにされそうなほど怪しい格好。

    がんばれ!私!
    たった1人の土木工事です。

    次回に続く…
    | 私的生活 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ライトアップ〜蓮花幻想〜
    0
       我が家から歩いて1分(?)門徒寺の盆法要がありました。
      9日の昼席、夜席、そして10日の昼席の3回。
      昼席の終了後、たくさんの人に手伝ってもらってライトアップの準備をしました。

      毎年、アクリルシェードの中にティーライトキャンドルを入れたものは使っていましたが、昨年20灯ほど間に合わせた蓮の花のLEDライトが、今年は春の門信徒大会のために100灯に増えているので、山門、親鸞像、本堂のお内陣にまで設置できました。
      7:30からの夜席は、今年初盆を迎えるご遺族がお参りされます。
      おいでになる時はまだまだあかるいので、点灯してあってもあまり目立ちませんが、9:00過ぎてお帰りになるときには、境内に光の道筋が出来ます。

      家族を失った心にひときわしみる光景です。
      昨年の義父の初盆を思い出しました。
      不思議な事に、時が過ぎて心の痛みが、そのままで心の大切なものへと変わっている事に気づかされます。

      今年初盆を向かえる方のお名前の中に、知人のお孫さんの名がありました。
      生まれて一日と半、それだけの時間しか生を生きなかったのだそうです。

      気がつくとその名を何度も口の中で小さく繰り返していました。

      お寺の副住職さんのブログに画像がアップされていましたので、トラックバックさせて頂きました。

      | 私的生活 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      共感覚/SYNESTHESIA
      0


        さっきTVで「共感覚」と言う言葉を知った。
        驚いた。
        だって私も「文字・数字=色」という共感覚がある。

        番組では共感覚の保持者は、2000人に一人だとか…
        いままで「文字とか数字とかって色がついて見えるよね」と言って
        「イメージ?」といぶかしげに聞かれた事はあっても
        これが一つの確立した感覚として認知されているのだとは思いもしなかった。
        続きを読む >>
        | 私的生活 | 22:57 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
        夏…そして61年前
        0
          桃の新芽

          被爆後の広島。
          今の私たちが想像するそこは、テレビで報道されているイラクなどの
          破壊後の有様を、その混沌をベースに思うしか無いのだけど、
          先日、被爆経験のある女性とその甥が、
          被爆証言の映像化に取り組んでいるというニュースを目にした。

          その一こまに、当時の銀行職員の女性の証言があった。

          現在広島市中区袋町に存在する旧日本銀行広島支店(被爆建物として数年前に広島市へ無償で譲られた。)は、当時爆風による被害はあったが建物自体は深刻な破壊からは免れ、2日後には広島市内にあった各銀行が机一つを借りる形で、預金の払い出しに応じたそうだ。元銀行員の女性の語るに、「人はあんまりひどい目にあった状況では嘘が言えないらしく、うちにはこれこれ位い、預金があったはずなんですが…と言われる通りに、通帳も印鑑も無く払い出しに応じたのだけど、後々、元帳と照らし合わせてみればその通りで、一つの嘘も無かった。」というのだ。
          続きを読む >>
          | 私的生活 | 10:11 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
          明るい…
          0


            もう14年目です、この家を建ててから…
            当然キッチンも14才、そろそろお疲れのようです。
            先日からのシンク前の床の水漏れ、原因は食器洗い機。
            それも奥の面についている電磁スイッチのパーツからの水漏れという事で
            ごっぽり食器洗い機を前に出して、水のこぼれを受けて使う事4日間。
            それにしても、機械のあった場所を覗き込んだら、つくづく思うに
            人工大理石の天板は明るい!

            続きを読む >>
            | 私的生活 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
            春ですが冷え症の話
            0

              そろそろ桜も咲こうかという時節ですが
              私は冷え性なんですよ。
              こればかりは真夏でもない限り、
              一年中変わらずひえびえ〜〜としています。

              目覚めたときは足の先も手の先も、
              ほかほかとしているんですが
              1時間ほどもたつと、どうしてなのか
              末端からしんしんと冷えてきます。
              続きを読む >>
              | 私的生活 | 20:14 | - | trackbacks(0) | - | - |
              目…だけでも涼しく!
              0


                うだるように暑いです。
                皆様お元気ですか?

                この画像は今の我が家の玄関に飾ってあるものです。
                金魚なんですが、ある作家さんの陶芸作品です。
                水の中の感じが出したかったので、白い小石のコースターの上に
                ブルーのアクリルトレイを重ねて、ガラスの箸置きを置いてみました。

                ちょっとした涼感の演出です。
                続きを読む >>
                | 私的生活 | 10:40 | - | trackbacks(0) | - | - |
                いい汗かいてる?
                0
                  おうちjim?
                  「銀の三角」をトイレに持ち込んだCHIZUさんが
                  汗だらだらのサウナ状態で、夢中になったというのは分かる気がしますが、
                  間違ってもトイレの棚に「エロイカより愛をこめて」なんぞ並べて置かんように。

                  とはいえ、健康的に汗をかくのはいいと言われ、
                  あなたは運動不足ですと、何度となく指摘され
                  体脂肪率が恐怖の36%という不健康状態の私としたら
                  運動で汗をかく事は必要不可欠のコト!!!と自分を追い込んでる昨今です。
                  続きを読む >>
                  | 私的生活 | 11:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  朝のお散歩コース「私のアンテナ」
                  0
                    私の毎朝のお散歩コースは…
                    といっても、早朝の心地よい空気を体いっぱい取り入れながら
                    私がどこかの樹木の下の小道を歩く習慣を持っている訳ではない。

                    オタクらしくネットの巡回である。
                    「お気に入り」の登録のフォルダ名を最初に「朝のお散歩」としたので
                    5年もこのままであるが、最近これがスピードアップできる小技を知った。

                    はてなアンテナという。
                    ここの自分のページに、巡回コースのアドレスを登録しておくと更新をチェックしてくれる。
                    シンプル表示のページを開いてみると更新されたページが一目瞭然!
                    毎朝、自分専用のアンテナページを開いてチェックをすると
                    忙しいときにも見逃しがなくて、とっても便利である。

                    あなたもどうぞ1おススメですよ。
                    | 私的生活 | 11:13 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    主婦?
                    0
                      肩書きを聞かれて、最近は「インテリアコーディネーターです。」と答えることが多い。
                      実際こんなに長くコーディネーターとしての仕事を連続してしている事は始めてだ。
                      今までは…「主婦です」

                      家にいて、家事をして、子どもの送り迎えに忙殺されている。
                      そんな生活を主婦というならその通りだ。
                      でも、それだけではなかったのが現代主婦生活である。

                      子どもの幼稚園の役員から始まり、地域の活動、趣味の伝統文化、音楽(アカペラ)、ワープロやゲーム機から始まったパソコン、などなど多岐にわたる活動に参加し続ける生活。
                      気がつけば、私は50歳になっている。

                      生活は、科学であり、文化である。
                      頭を柔らかくしておかないと、情報も立ち寄ってお茶してはくれない。
                      現代社会を抜け目無く生き抜く必要は、実際は無いが、
                      主婦には、社会の偽善を把握する必然はある。

                      最新の情報も必要だけど、同じくらい旧来の完成された技術の世界も大切。
                      洋裁にしても、丁寧な仕立てを実際に仕立てて始めて、
                      簡略化された仕立ての良さと悪さを知る事が出来る。

                      ただ、主婦の生活にたった一つ抜けているもの、それは、評価。
                      それでともすれば独善に走りやすくなる。そしてそれが見えにくいのだ。
                      自戒の意味を込めて、自分をリセットしたいと思う。

                      さて、先日五十肩の治療のため訪れた整形外科で
                      痛む腕が「お仕事に不都合は有りませんか?」と聞かれた。
                      治療の話の中でも「お仕事の方でむりないように…」といわれる。
                      …主人の扶養家族の保険証持って行ったでしょ??

                      待合室で、持参した「Mac people」の自宅サーバーの構築法の記事を
                      夢中になって読んでいては、「主婦」に見てもらえないのだろうか。
                      | 私的生活 | 10:16 | - | trackbacks(0) | - | - |