SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
のだめカンタービレ (16)
のだめカンタービレ (16) (JUGEMレビュー »)
二ノ宮 知子
これで、クラシック音楽の敷居が低くなったと思うな。
RECOMMEND
RECOMMEND
フーコーの振り子〈上〉
フーコーの振り子〈上〉 (JUGEMレビュー »)
ウンベルト エーコ, Umberto Eco, 藤村 昌昭
RECOMMEND
RECOMMEND
薔薇の名前〈上〉
薔薇の名前〈上〉 (JUGEMレビュー »)
ウンベルト エーコ, 河島 英昭, ウンベルト エーコ
RECOMMEND
建築探偵 東奔西走
建築探偵 東奔西走 (JUGEMレビュー »)
藤森 照信, 増田 彰久
街を歩いていて、古そうな建物だなあ…と思うことはあっても、それがいつごろのどういうスタイルの建物なのか調べることもしないで生きてきました。でもね、これを読んでいたら、建物って歴史でもあるけどたくさんの人生も関係してたんだなあ…としみじみしてしまいました。大変興味深い書です。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の中のきらめきと、これってこうだったらいいのにな。というものを書きます。

yue的…

<< 今年は遅い…年賀状印刷 | main | これは絶妙! >>
御正忌報恩講
0

    昨年末に引き続き、お寺の報恩講に合わせて、ご門徒の皆さんの作品展のお世話をしました。

    今回は親鸞聖人に関するものと言う事でしたので、会場中央に枝垂れ桜を作りました。


    薄絹の桜のうちぬきを1000枚使い、500輪の桜を作り、柳の枝につけました。

    月曜日午後にマキに行って材料をあたり、いろいろ悩んだのですが、グルーガンを使って、出来るだけアートフラワー未経験者にも出来る手法を考えました。その晩、花びら、地巻き針金、葉などを染めながら、これはとても出来ない…と眩暈しそうでした。
    火曜日朝、若婦人部の皆にメールを打って、朝4人。昼5人。
    その日は皆内心(これは13日に間に合わない、絶対に…)とおもいながら帰宅。
    水曜日、朝2人でスタート。次々に通りかかった人に応援を頼み、昼は5人。そしてなんと4時までに完成したのです。

    本当に本当に皆様のご協力の賜物。

    展示会場ではくる人くる人に喜ばれて、笑顔いっぱいの2日間でした。
    感謝!

    展示会後は、お寺の門徒会館の階段吹き抜けに枝垂れさせて帰りました。
    4月の花祭りまでこの状態を維持し、それからは花だけ外して保管する事になりました。
    | 私的生活 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.12az.com/trackback/786181
    トラックバック